人気ブログランキング |

たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ニュース( 29 )


2005年 04月 25日

列車事故

えらいことです。列車の脱線事故です。JR宝塚線(福知山線)の、塚口と尼崎の間です。
脱線した車両が、隣接しているマンションに突っ込んで、大破してます。

NHKはさすが、ほとんどの番組をすっとばしてニュースを放送してます。
晩ご飯を食べたあと、夕寝をしながら、ずっと見てました。
うつらうつらと見ていると、
「それでは、病院に運ばれて治療を受けている方々で、名前のわかっているかたです」
といって、負傷者のお名前を読み上げてはりました。

で、最後の方になって、自分の名前がよばれた(^◎^;)。
はい、わたくし、本名はどこにでもある名前ですねん。

誰か、勘違いするんちゃうかなぁ・・・と思ってた。
で、階下に降りたら。

留守電が入ってる。姉から。
「名前出てたよ!大丈夫なん?」
折り返し、電話した。すごい心配してくれてたらしい。
で、留守電になったので、ますます「もしや」と思ったらしく。ネットで事故の情報、病院の情報を検索して、どの病院に搬送されたかを確認。病院に電話したんですと。
病院の係の人が出てきて、
「お身内の方ですか?」
「はい、姉なんです。あの、その方、おいくつぐらいですか?」
「48歳です」
おっと。ここでどうやら違うらしい、ということが分かった。で、念のため、と思ったのか病院の係の人が、
「どちらにお住まいですか?」
「大阪なんですけど・・」
「こちらの方は川西にお住まいです。違う方の用ですね」
「そうですか(^。^;)。お忙しいところ、どうもありがとうございました」

まあ、なんにせよ、無事でよかった、と言ってくれた。ありがたいね。こうやって心配してくれる人が居てるってことは。

ということで、わたくし、大丈夫です。
それにしても。ほんとにたいへんな事故でした。

by tacobu | 2005-04-25 22:33 | ニュース
2005年 04月 16日

上海のデモ

中国当局は、色々動いたらしいけど、結局デモを止めることは出来なかったみたい。
昔、デモをやっていた側の感覚としては、デモは「気持ちいい」ものなのだ。たくさんの人と一体感を持てるし。確かに一体になってるんやろぉし。
それでも、暴力行為、破壊行為はいけません。どんな理由があっても。破壊されたものは完全には元には戻らない。

by tacobu | 2005-04-16 17:26 | ニュース
2005年 04月 15日

中国、ようやく

反日感情が高まっている中国。ようやく中国当局が動きだしたようで。いつまでも「日本の責任」とだけ言っているわけにはいかんみたいやな。

それにしても。
「愛国無罪」というスローガン。スローガンとも言えんが。同じ四字熟語ということもあり、文化大革命時の「造反有理」を思いだしてしまう。なんかちょっと、いやな気分である。そんなん思いだすのは、年寄りだけか。

今日、イトーヨーカ堂が北京で開店。テレビの映像を見ると賑わってるみたいやんか。インタビューに答えた現地の人も「安い方を買うよ」って、正直な意見やと思うなあ。
日本は嫌いでも日本製品は買う。それでいいと思うけどね。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」気持ちは分からなくもないが。

by tacobu | 2005-04-15 17:27 | ニュース
2005年 03月 22日

尊厳死

ただいま(^oo^)
↑アメリカでえらい話題になっているようです。今朝の「とくダネ」でもやってたな。
15年前の心臓発作が原因で、植物状態になった女性。命をつないでいるのは栄養チューブ。
旦那さんは「もう見込みがないから、楽にさせてやってほしい。病気になる前、本人も無用な延命は拒否すると言っていた」といい、女性の両親は「命あるかぎり延命措置を」と訴えてはる。

で、これ、裁判になりました。フロリダ州の地方裁判所。判決は「栄養チューブをはずす」。つまり尊厳死を認めたんですね。
ところがこれに反発したのが、なんとフロリダ州議会。緊急の法律を作って「もう一度だけ、栄養チューブを繋ぐことができる」やて。

で、それに従って栄養チューブをまた繋ぐことになってんけど。
この法律に反発したのが連邦裁判所らしい。この法律は憲法違反であると。
そらそうやろなあ。裁判所の決定に反対するような法律作ってどないすんねん。三権分立が崩れてしまう。
しかし、延命してほしい両親はフロリダ州議会を指示してて。あたりまえやけど。で、州知事ってブッシュさんの弟なんですね。そうやったそうやった。
で、連邦裁判所に「そんな理不尽なこと、言わんといてくれって言うてくれっ」と、大統領に頼んでるらしいです。ついに大統領のところまでいったか。

最初、ニュースを聞いたときは「無用な延命措置はいらんのになぁ」って思ってたんですけど、その女性の映像が流れまして。
「植物状態」っていうたら、どんなん想像します?
僕の中では寝たきりで意識不明、っていうイメージだったんですが、この女性、起きてるんですよ。自分で呼吸もしているらしい。目も見えてるみたい。なにそれ。キャスターの葛西さんが「これは、現在の映像です」って言うてたから、いまでも意識そのものはあるみたいやねん。
これ・・・。これで「自分で栄養がとれないから」っていうて、尊厳死させるのは、どうなんやろう。
こうなると、障碍を持っている人は生きる価値がないのか、という問題にもなりかねませんね。さて、どうなるんでしょうか、これから。

by tacobu | 2005-03-22 12:59 | ニュース
2004年 10月 24日

地震

台風が過ぎたと思ったら、今度は地震ですか。なんか、日本はどうなってるんやろねえ。というか地球がどうなっとるんかっていう話かも。
この1週間、NHKはほとんど災害放送局でしたね。おかげで頼りになったけど。さすがに全国ネットで支局を持ってる強みというか。いろんな情報が(たぶん正確に)伝わってきていて、安心してみていられました。安心すんなって。災害やのに。

ずっと放送してくれるっていうのと別に、やっぱりNHKは放送の質がええなあって、改めて思いました。いろいろ問題ある局やけどね。こういう放送になると力を発揮しますな。ことさら災害の悲惨さを伝えるわけではなく、必要な情報を的確に伝えることに力を注いでいるように思います。民放は・・・。やっぱりどっか「ワイドショー」的な報道になってしまいますね。メインは災害の現場じゃなくて、スタジオのキャスターやコメンテーターになってしまうような気がします。のんびりと話してほしいわけやないねんけど、あまりにもせっぱ詰まったしゃべりかたで「○○人が行方不明になっていますっ!」っていうのは、いらんと思うなあ。

災害担当の大臣やら役人やらが現地入りしたようです。それって、やっぱり緊急、必要なことなんでしょうかね。自衛隊のヘリをチャーターしたみたいやけど、人を運ぶんやったら医者とか自衛隊員とか(災害復旧のために)、それより食料とか水とか医薬品とか毛布とかホッカイロとか、そういうものを先に運ぶべきではないんでしょうかね。これって、素人考えなんでしょうか。まず役人が行かないと、にっちもさっちもいかないっていう話も聞くけどね。どうなんでしょう。

まだ電気、ガス、水道は止まったままみたいです。早く復旧してほしいですね。大きな火災が起こっていないらしいことは、不幸中の幸いというべきかも知れませんが。どうしても、神戸の震災を思い出してしまうので。

by tacobu | 2004-10-24 11:01 | ニュース
2004年 10月 21日

台風、えらいことでした。

大阪は台風が過ぎ去って一日あけて、だんだんええ天気になりつつあります。こんなにええ天気になるんやったら、朝のうちに洗濯したらよかった。天気予報では「台風一過の秋晴れ」っていうてたけど、出勤するときは小雨も降ってたしナア。だから、天気予報はあてにならんかも、と思ったのが間違いやったか。

それにしても台風、えらいことでしたね。各地で被害が大きくて。
わたくしも昨日は、とりあえず会社には行ったんですが、お昼前に警報が発令されて「急ぎの用事のないひとは帰宅!」というお達しが出たので、これ幸いとさっさと午後半休。大雨の中を会社の外に出たら、いつものお弁当屋さんがずらっと並んでてびっくりしましたが。警報出てるのに。商売熱心と言うか、向こう見ずと言うか。

家に帰って、さて何もすることがないのですっかりくつろいでしまいました(^◎^;)。NHKでニュースをチェック。風が強くなってきたので、とりあえずベランダのタコアシ物干しを片付けて。他にすることもないのでテレビをいろいろ見てましたら、お昼のドラマっていろいろやってるんですなあ。特にローカル局が面白い。サンテレビは字幕スーパーの映画やってるし、京都テレビは「必殺仕置人」やて。藤田まことの、一番始めのヤツ。山崎努とか沖雅也とか。若い!というより古いっ!

そんなこんなでテレビを見続けてると眠たくなるもので。わしだけ?(^◎^;)ともかく昼寝(^◎^)。

雨風も本格的になってきた夕方4時ごろ、東京からお客様。今度ぶたこがナレーターを努める「アラビアンナイト大博覧会」のイベントのひとつ、「音とイメージによるアラビアンナイト」で演奏するピアニストの方が来られて、ナレーションとの合わせ。(実はわたくしも「効果音係」として参加することになってるんですが(^◎^;))
合わせ練習をしていると、「ピンポ~ン」
こんなときにいったい誰が?と思って玄関を出てみると、ニッカポッカ姿のおにいちゃん。「今日からこの近所で電気工事するんでぇ、車とか通るかも知れへんのでぇ、ご挨拶にまわってるですぅ」
というのは、セールストークの常套句(^◎^;)。「ついでにお宅の屋根のアンテナ、もう倒れそうやから・・・」というのが後に続くんですな。
「今、忙しいですから!」ピシャッ!
それにしても警報発令中の暴風雨のなか、こんなセールストークをしてまわるとは、商売熱心と言うか向こう見ずと言うか。

ピアニストの方とは、夕御飯を一緒にして(駅前の中華料理屋が開いててよかった)、とりあえずサヨナラ。近鉄電車がずっと動いててよかった。夜になって雨もおさまってきたみたいやし。

ところが、雨のあとはすごい風。めったに閉めない雨戸を閉めまして。でもめったに閉めへんから、ぴったりとは閉められへんのですな。だから突風が吹くたび「ガタガタ!」って音がして、ちょっと怖かった。
そのうえ、湯沸器の調子が悪くなって、シャワーを浴びようとしたらお湯から水に変わっていって(-◎-;)。
ぶたこに何度かお湯を出してもらってようやくシャワーを浴びれましたとさ。
ほんま、文字どおり嵐のような一日。って、そんなに仕事もしてへんやんけ(^◎^;)。

by tacobu | 2004-10-21 12:53 | ニュース
2004年 09月 30日

台風は知らぬ間に

朝から大雨だった。蒸し蒸しするけど涼しいような。よう分からん天気。
沖縄の近くで停滞してた台風は、スピードを上げて日本列島を縦断中。うまくいけば(^◎^;)警報発令、会社は早退、やってんけど、そうはいかず。昼からは雨もやんで、風は強いけれど警報がでるまでには至らなかった。
台風が来るまでの方が、雨とかがすごかったみたいやね。三重とか奈良とか。ほんまにええかげんにしてほしいわ。台風に腹立ててもしゃあないけど。

家に帰って、テレビで台風情報を見てたら、いよいよ大阪府全域にも大雨洪水警報発令。野球(阪神戦)もないし、きのうはパラリンピックの閉会式見て夜更かししたし。で、昼寝ならぬ夕寝を決め込む。床に横になってうとうと。

と、ぶたこに起こされた。いつのまにか夜の11時(^◎^;)。すでに台風は滋賀県へ。高いびきでええ気持ちになっている間に、頭の上を通り過ぎていきましたとさ。


ブログのデザインをいろいろいじって遊んでます。って、いじったあとがよう分からんけど(^◎^;)。ごちゃごちゃしたのが嫌いなので、できるだけすっきりしたのにしたいなあ。って、ややこしいやり方を知らんだけやねんけどな(^◎^;)。

by tacobu | 2004-09-30 00:52 | ニュース
2004年 09月 13日

野菜高騰

野菜が値上がりしてるようですな。
昨日、ぶたことふたりで万代百貨店に行ってきたんですが、いろんな野菜が値上がりしてて(万代でさえ!)、びっくりでしたわ。
いちばんびっくりしたのはきゅうり。今まで3本100円程度やったのが、1本で60円近くもする。それが「特価」とか。ひええ。これも異常気象の影響なのか。

しばらく野菜は食べられへんなあ・・・ということはなく(^◎^;)、他の野菜で補うのであります。モヤシとかね。

by tacobu | 2004-09-13 12:58 | ニュース
2004年 06月 23日

祝!リンゴ復活

ハイヒール・リンゴがテレビに戻ってきまして(^◎^)。元気に活動再開してはります。
なんか、髪型とか変わってて(以前は黒髪ストレート。おかっぱをそのまま伸ばした感じ。うまく言われへん)、茶系になっててややウェーブなんかかかってて。化粧の仕方も変わったんかイナ。よーわからへんけど、ナチュラルっぽいやん。
でもって、しゃべりのほうは以前と変わらず(^◎^;)。ツッコミのタイミングもフレーズも。
不妊治療は続けながらの活動になるらしいけど、元気で頑張ってほしいなあ。他にこういうタイプのタレントさん、居てへんもん。

by tacobu | 2004-06-23 22:28 | ニュース
2004年 06月 10日

モハマド君

イラク人少年モハマド君は、明日手術を受けるそうです。人助けは否定しないけど、このところの報道とか、静岡の小学校とか、ちょっとはしゃぎすぎちゃうかなあ。
日本とイラクの平和・友好の象徴みたいになってるけど、一人の少年に手術を受けさせることだけで、問題は解決せえへんよね。みんな、そんなことは分かってるんやと思うけど。
小学校での歓迎会とか、なんか変。変やと思ったらあかんのか。

それと、もうひとつ引っかかるのは、この少年の来日に尽力して命を落とした橋田さんのこと。なんか英雄視されてるみたいで。以前、テレビのドキュメントに出てたのを見たときには、いまひとつ共感できないところが有った。何というのか、わざと危険なところに身を置いて「英雄になりたがってる」ような気がした。もちろん、ジャーナリストにはそういう「英雄的」な姿勢はある程度必要だとは思うのだけれど。

人質になって生きて帰ってきたらバッシングされて、その場で死んでしまえば英雄か。そんな簡単に判断してるわけではないとは思うけど。

by tacobu | 2004-06-10 22:05 | ニュース