人気ブログランキング |

たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2004年 05月 31日

2004/5/31(月)

なんか眠いですなあ(-◎-)ボーーッ。暑くて睡眠が浅くなってるんかなあ。空気全体が重たいし。今日は雨降るっていうてたのに、その気配がないなあ(って言うてる間に曇ってきたけど(^◎^;))。で、どろーんと重たい空気だけがこもってる感じ。ふわああぁ。

などと言いつつ、5月も終わり。気がついてみるとこのHPも1年を超えました。へええ。いつも読んでくださる方(居てるのか?(^◎^;))ありがとうございます。

by tacobu | 2004-05-31 21:50 | 日記
2004年 05月 31日

2004/5/31(月)

タイガース、まさかまさかの3連敗(;◎;)。1安打に押さえてても勝たれへんもんなあ。野球って面白いね。下柳、かわいそうやなあ。でもクサらんと、次も頑張ってほしいなあ。

試合内容はともかく(^◎^;)、この3連戦、テレビの地上波ではまともな放送もありませんで。2戦目をテレビ大阪が中継してたけど、それも9時になったら延長もなく終了。中京テレビが独占してたってことか。サンテレビでやってほしかったなあ。テレビ中継したら視聴率稼げたやろに。巨人の試合よりよっぽど面白いと思うし。それってファンやからか(^◎^;)。

しゃあないから、ラジオで我慢。ラジオは毎日と朝日が中継してたけど、解説者が好きなので朝日放送を聞いてました。
ま、解説はエエねんけど(福本豊さんと吉田義男さん)実況のアナウンサーが・・・。うるさすぎ。ラジオの中継やと、いちいち「投げましたー!」「打ちマシター!」をいわなアカンのは分かるけどね。でも解説めいたことまで言わんといてほしいなあ。今回は楠アナと中邨アナのふたりが日替わりで実況してたけど。ふたりとも「解説したがり」で困るわあ。聞いてるほうとしては解説者の解説が聞きたいのに。「こういうときは右狙いですよねえ!」とか「ピッチャーの心理としてはまっすぐで勝負したいところです!」とか。そんなことまで実況アナが言うてどうすんねん。
ほんでまた、在阪局やから阪神寄りの中継するし。まあ、ある程度までは気持ちエエけど、やりすぎると聞いてて居心地が悪くなる。「さあ! ここから反撃ののろし!」とか。よく日テレ系のアナウンサーが言うけどなあ。
オリンピックになったらもっとあるけどね。ニッポンチャチャチャみたいな中継とか解説とか。まあ解説はまだ許したろか。実況は「実況」してほしいよなあ。

それと、選手に対しては(選手のプレーに対しては)、ある程度の敬意を持って中継してほしいよなあ。「全然だめです。全く伸びがありません」とか「今日は大ブレーキ!」とか、言わんといたってほしいなあ。みんな一所懸命やってはるねんから。福本さんと吉田さんの解説が好きなのは、そういう温かい目でいつも選手のプレーを見てくれてるところやね。
それと「タイガースが好き」以上に「野球が好き」っていう点やね。相手チームのプレーでも、いいプレーが出たら「さすが!」とか「いやー、たいしたもんやね」とか褒めることを惜しまない。せやから、負けた試合でも嫌な気分になれへんねんなあ。ここがえらいところ。

by tacobu | 2004-05-31 21:49 | スポーツ
2004年 05月 31日

「折り梅」のトミーズ雅

ワイドショーで「100万人が見て泣いた」とか言ってたけど、実は番宣やったんか。2時間ワイドで放送してましたな。地味な映画。
映画の内容からすると(好意的に見て)できるだけ多くの人に見てもらいたいという思いから番宣もしてたのかも。もちろん商業的な理由もあるやろけど。でもアルツハイマー、老人介護ってテーマの映画を好んで見ようとはあんまり思わへんやろから、宣伝は必要やったかもね。

という宣伝に乗せられて(^◎^;)、ちらっと見てみたのだが・・・。
主役のトミーズ雅の演技が見てられなくて、チャンネルを変えてしまった。いや正しくは雅の「標準語」に耐えられなかった。
なんかね、「どうしてなんだあー!」って標準語で言われると、シリアスなシーンやのに思わず笑ってしまうんですね。
だっていつもバラエティでは、ベタベタコテコテの関西弁やからなあ。標準語をしゃべるだけでお笑いになるもんなあ。
それと、バラエティで見慣れてると、ついつい普通の演技もその延長上に見えてしまう。コントを見てるみたいに演技を見てしまいますなあ。これ、雅が漫才師やからってだけじゃなくて、どういうのをふだん見慣れてるかっていうのに左右されるような気がするなあ。だから、香取慎吾の近藤勇が、リアリティ無く見えてしまうのかも。

ちょっと話が飛びすぎか(^◎^;)。漫才師とアイドルを同列視するなって。でも、いまやその境目は曖昧やからなあ。
ほかにも同じように「バラエティ視」しかできないひとも居る。中尾彬とか江守徹とか。今、シリアスなドラマに出てきたら、どうやってみたらエエんやろう。心配することでもないけど。でもふたりで出てるCMを見ると、余計に心配になる。だから心配するなって(^◎^;)。

by tacobu | 2004-05-31 21:47 | 映画
2004年 05月 27日

2004/5/27(木)

ホンマに勝てまへんなあ。阪神タイガース(^◎^;)。とうとう首位陥落。ちゅうてもまだ5月やしな。今年のセ・リーグはホンマ、おもろい。こんなだんご状態、今までなかったんとチャウやろか。パ・リーグは1位がほぼ決まりそうな勢いやけどね。でも、今年はプレーオフが有るから、3位までに入ればエエわけやんなあ。これって、面白いのかどうなのか。まあ「あともうちょっとで首位やったのに」っていうチームにも可能性が出てくるわけで、それはファンにとってはうれしいことかも。

それにしても、ことしのボールはよく飛びますなあ。「あ、外野フライ!」と思った打球がホームランになってまう。今年はどのチームもホームラン量産やけど、これってボールの出来のせい? そういえば、バットを折るケースも増えたような気がするなあ。毎試合、誰かがバットを折ってるような。バットもボールも、何かが変わったんやな。素人目には分からへんけど。

で、これって、ホームランバッターをぎょうさん持ってるチームに有利なんやないか、と勝手に想像したりもするんですな。まさかね(^◎^;)。

by tacobu | 2004-05-27 21:46 | スポーツ
2004年 05月 26日

2004/5/26(水)

ここのところ、忙しくてすっかりひとりごとも書けずにいた。13日ぶりか。精神的にも参ってたしな。ま、自分のために書いてるようなもんやから、べっちょないねんけど。

先週末には久しぶりに合唱の本番があって。現代音楽ね。シアターピース。動きながら歌ったりするやつ。なんか、いろいろ考えてしまったわ。
いろいろ考えてたら、よけいに落ち込んでいったりするから、あんまり考えへんようにしたいねんけどそういうわけにもイカン。お気楽に生きるのも楽やないってことやな。

by tacobu | 2004-05-26 21:45 | 日記
2004年 05月 26日

2004/5/26(水)

横浜には勝てまへんなあ、阪神タイガース。この上は、ゆあぴー(サンテレビの湯浅アナ)に実況してもらわないと、と思ったけど、この3連戦は違う人が実況するそうで。今日は朝日放送とのリレー中継やて。

by tacobu | 2004-05-26 21:44 | スポーツ
2004年 05月 13日

サンテレビの演歌番組(^◎^;)

サンテレビの野球中継は本当に素晴らしいんだけど、もうひとつ、サンテレビならではの番組がある。水曜の深夜(といっても12時になる前くらい)に放送している「演歌味めぐり」
この番組以外では絶対に見られない歌手による、絶対に聞けない曲のオンパレード。殺伐としたスタジオセット。伴奏はすべてカラオケ。初めて見たときは、てっきり「素人演歌カラオケ番組」やと思ってたんやけど、その「どう見ても素人」の歌い手さんが、歌い終わったらみんなの真ん中にでんと座って (^◎^;)、司会進行し出してびっくりしましたわ。

提供は「オフィスぽん」。どうやら、貸しスタジオもやっていて、このスタジオセットは「ぽん」の全面バックアップによるものらしい。そのほか、堺市のお好み焼き屋さんがスポンサーになってたりして、まことにローカル色豊か。

じつは昨日、何気なくチャンネルを回してたら、久しぶりにこの番組に行きあたって(^◎^;)、ひさびさの衝撃にしばらく固まってしまったのでした。
どうみても落ち目のナイトクラブ(死語か)の、ホストとチイママ風のふたりの司会(このふたりでデュエットしたらどうなるんやろ。考えただけで・・・)。低いテーブルに長いソファーという、これまたどっかのクラブから拝借してきたようなセット。
で、ゲストはなんと松原のぶえ。え? 紅白にも出るような歌手が、こんなローカルな演歌番組に出て、カラオケで持ち歌を歌ってもエエのん?
元X-Japanのボーカルが、近所の喫茶店でライブを開いたとき以上の衝撃やったな。まあ、比べるわけにもいかんが。
しかし、こういうのを見ると、演歌の世界の奥深さというか、一般人にはわからん人脈・金脈がありそうで、ちょっと恐ろしいくらいや。

そのあまりの恐ろしさに、しばらくチャンネルを変えずに見てしまったであるよ。番組はしょーもないやろう、演歌にも興味はないんやけど、ちょうど見せ物小屋の前で動きが止まってしまうのと同じで。同じにすんなって。

by tacobu | 2004-05-13 21:43 | テレビ
2004年 05月 12日

おせいどん(^◎^;)

今朝、新聞を読んでいて驚いた。「田辺聖子全集」の広告。本の広告そのものは別に珍しくないが、この広告、新聞全面に田辺聖子のアップ(^◎^;)。インパクト充分。ちょっとした怪獣映画並みだ。失礼な(^◎^;)。
まさか顔に自信があるわけちゃうと思うけど(ますます失礼な(^◎^;))、これだけ自信たっぷりに前面に押し出されると、拒否することもでけへんわな。それに今どき、顔のアップだけで衝撃を与えられる人はそうは居ないでしょうから、その存在価値も充分ってコトになるのか。
こんな衝撃は宮沢りえの「サンタフェ」以来か。比べるなって。

by tacobu | 2004-05-12 21:43 | ひとりごと
2004年 05月 10日

サンテレビの野球中継

阪神が連勝して機嫌がよろし(^◎^)。
関西では、タイガースの中継といえばサンテレビ。とにかく試合終了までやってくれるのでありがたい。それに、中継が本当にうまいと思う。
特に実況アナウンサーがいい。ほとんど大声を上げないので、落ち着いて試合を見れるんですね。筆頭は谷口さん。倉敷での対中日戦を担当してたんやけど、ぼそぼそしゃべりの藤田平さんの解説ということもあって、野球中継やのにまるで将棋の実況してるみたいやねんな(^◎^;)。
どれくらい落ち着いてるかというと、バッターがボールを打ったら、その瞬間に
「打ちましたーっ!」
っていうのが普通の実況。ところが、谷口さんは打った瞬間は無言。プレーがひと段落したところで
「鋭い当たりのヒットでした」
そうするとどうなるかっていうと、まるで自分が球場に行ってじっくり試合を見てるような気になるんですな。それが相手チームでも、阪神でも一緒ってところがまたいい。谷口さんと同じく、湯浅アナ(ゆあぴーと呼んでいる)も、同じくらい落ち着いている。局のやり方、考え方やとしたらほんまに素晴らしい。
美辞麗句やことわざなんかを連発する実況アナが多いけど(古舘伊知郎あたりから流行り出したんやと思う)、ずっと聞いてて(見てて)疲れへん実況ってのは、これくらいやと思うなあ。

まあ、これはいっつも大声援を送ってる球場のファンがあってのものかも知れんけど。アナウンサーが黙ってても「ワーーーッ!」ていう声援が聞こえるから、放送事故と間違われへんもんね。

実況が聞きやすいのは分かってたけど、土曜日の、金本のサヨナラホームランの時はさらに感心、感動した。
金本がボールを打った瞬間、カメラは飛んでいくボールのアップ。もちろんアナウンサーは何も言わず。「どうナッたんや? ただのフライか?」
と、ハラハラドキドキして見てたら、ボールが行き着いた先はファンで埋まったスタンド中段(^◎^)。沸き上がる歓声。そこでようやくカメラが引いて、スタンド全体が映され、「サヨナラホームラン!」の実況。
まあ、心憎いまでのカメラアングルやったなあ。まるで映画の1シーンみたいやった。

by tacobu | 2004-05-10 21:42 | スポーツ
2004年 05月 07日

ウィルス(;◎;)

コンピュータ・ウィルスが流行ってるようで。会社でも感染が確認されて、さあ大変!
全社を挙げて駆除にかかることになって、大わらわ。駆除するためにはまずパソコンをセーフモードで再起動させて、配布されたフロッピーから駆除ツールを実行。
とは言え、「セーフ・モードで再起動」する段階からよー分からんかったりして。(^◎^;)
そこらじゅうで「立ち上がれへーん!」「画面がへーん!」という声が上がって。それぞれのパソコンを見てまわって。ひやひや、ホンマにたいへんでしたわ。

昨日書いてたひとりごとを、アップでけへんかったから、家に帰ってからアップしようと思ってフロッピーにコピーしたらそのフロッピーを持って帰るの忘れてまうし(^◎^;)。そらウィルスとは関係ないか。

by tacobu | 2004-05-07 21:41 | コンピュータ