人気ブログランキング |

たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 30日

追悼:ロベルト・ブリーゲン師

今朝の新聞の訃報欄に載ってました。もうかなりのお年だと思っていたんですが、76歳だったんですね。もうひとがんばりできる年齢やったかな。残念です。

ルネッサンス音楽の「研究家」として有名ですが(著書、編著書も何冊かある)、わたくしにとってのブリーゲン先生は音楽家、演奏家、指揮者そのものです。10年ほど前、ぶたこと一緒に先生の指揮する合唱団に所属していて、数多くのルネッサンス音楽、グレゴリオ聖歌を歌えたことは、わたくしの人生の大きな誇りであり、喜びでありました。

それまでルネッサンス音楽というと「静的」で「清楚」で「敬虔」で・・・というイメージでとらえていたのですが(ほら、そういう専門書とか、楽譜の端っこに書いてある説明とかも、そういうイメージやないですか。過剰な表現は良くないとか)、その先入観を一変させてしまった人であります。

「ルネッサンスは『人間復興』なのだ!」
と、教科書で習ったことを思い出しました。ルネッサンス音楽が心からなる音楽であることを教えてくれたひとです。

研究者としての業績や手腕が高く評価されていましたが、わたくしにとってはやはり指揮者ブリーゲンの印象が強烈です。当時、指揮の勉強もしていたのですが、手習いの「指揮法」とはまったく違う、「思い通りに音楽を紡ぎ出していく」技術の高さに、「これには敵わんなあ」と思ってしまいました。

多声音楽の、複雑にからみあった声部の一つ一つをどれもすべて振り分けて、しかもひとつの音楽を作り上げてしまうんです。そんなこと、できるはずがないねんけどやってしまえるんですよね。「1,2,3,4」という振り方では、とうていうまくいかない多声音楽ですが(へたに指揮法を知ってると、拍をとってしまうけれど)「ここでこのフレーズ!」「ここからはこのフレーズ!」っていうのが明確にわかる指揮。こんな振り方ができるひとは他には知りません。まさに神業でした。

パレストリーナやモンテベルディ、バッハ(ヨハネ受難曲はよかったなあ)などもすばらしかったんですが、なんといってもフランドル楽派、デュファイやラッススが得意やったんとちゃうかな。特にラッススは、歌ってて「オモロイやんけぇ!」っていう気持ちになってしまうんですよね。ルネッサンスを歌っててそんな気持ちになるなんてねえ。

練習中、烈火のごとく怒鳴られたこと。「リコルダーレ」の曲の説明で「思い出してチョーダイよ!という意味ですよ」といって笑いを誘ったこと。うまく歌えたときにはウィンクしてくれたこと。思い出はつきませんね。ご冥福を祈ります。

by tacobu | 2005-06-30 12:57 | 音楽
2005年 06月 28日

なぜやらない?マンデー・パ・リーグ中継

きのうの日ハム-西武は、ダルビッシュvs松坂の新旧「怪物」対決ってことで、大いに盛り上がった・・・はずやねんけどなあ・・・。

テレビもラジオも中継はなし。ケーブルテレビとかCSとかではやってたんかいな。スポーツチャンネルとかでもやってなかったら「何のこっちゃ」ですけどね。

プロ野球の「改革元年」とか、掛け声はええけど、結局「見たい試合が見られへん」かったら、どうしようもないですワナ。せっかく交流戦までやって「パ・リーグのチームも、おもろいやんけ」と思い始めてきたセ・リーグファンを、みすみすほっぽらかすことをやってんねんなあ。

まあ、それぞれの放送局の事情とかがあるんでしょうが。特に月曜日はたいして面白い番組があるわけでもないので(フジの月9でさえ苦労してるらしい。終わったけど)、野球があったらエエのになあって、昨日はほんまに思ったよ。生で見たかったなあ、ダルビッシュvs松坂。松坂が味方の攻撃・守備にブチ切れたとか(^◎^;)。あとからニュースを追っかけるだけでは、ちょっともの足りんよ。

野球のニュースのトップは、なんちゅうてもこれやろうと思てたけど、「長嶋氏復帰」がトップになってるところが多かったね。元気にならはるのはエエこっちゃけど、そんなに大騒ぎせんといたってほしいなあ。

by tacobu | 2005-06-28 12:40 | スポーツ
2005年 06月 28日

買ってはいけない!NYみやげ(-◎-;)

ニューヨークのお土産に買ってきた(自分のために(^◎^))お菓子。いわゆる、トローチですな。
b0023293_815866.jpg

ちょっとおいしそうなんやけど・・・
封を開けると、なんというか、「サロンパス」の臭いがしますねん(-◎-;)。なんじゃこりゃ。ぶたこが隠れてサロンパスを貼ってるのかとおもうぐらい「ぶわっ」と、部屋中にたちこめるくらい、強烈な臭い(-◎-;)。
臭いはそうでも、味の方は・・・食べてみた。食べたらこれがまた、サロンパスの味がしますねん(-◎-;)。サロンパス、食べたことないけど。食べたらきっとこんな味やねんやろうなあ、っていう味。

しばらく舌がしびれますねん。舌にサロンパスかい。舌のコリがとれる?舌がこるかぁ!

これと同じようなパッケージで、青いのがあって、それはとってもおいしかったんですね。おんなじような(多分同じメーカー)入れ物やから、おんなじようにおいしいやろうと思てたんやが・・・・

久々に失敗しました。みなさんもお気を付け下さい。

by tacobu | 2005-06-28 08:21 | くらし
2005年 06月 24日

阪神4-2中日(6月22日:大阪ドーム)

まずここを読んでいただいて(^◎^)
  ↓
それは矢野っちのひと言からはじまった(^oo^)

というわけで(^◎^)。翌日の阪神-中日戦を見に行ったわけである。はじめての大阪ドーム。入場した当初は人もまばらで、冷房もよぉ効いてて、寒いくらいやったけど、試合が進むと汗だくになってしまったであるよ。

先発の安藤くんがどうもピリッとしなくって。いきなりのデッドボール。そのあともフォアボールが何回か。バッターボックスに相手ピッチャーが立ってても2-3になったりね。

2点リードされて。鳥谷くんが今季2号のホームランをライトスタンドへ!その最上段の席に座っていたわたくしたち(ぶたことわし)。テレビで見てた時は、ホームランがライトスタンドに入るときはさぞかし興奮するやろうと思てたですが。
3階席(2階席?)からやと、ボールが最後どこに飛んだのかが見えへん(^◎^;)。フェンス際でキャッチされたのか、スタンドに入ったのか。こっちに向かって飛んできたボールがすっと視界から消えてしまうんですな。で、内野席のファンがわあーっ!て歓声を上げて万歳したのをみて、やっと「ホームランやぁ!」となるわけです(^◎^;)。ワンテンポずれるのは応援歌だけではないのですね。

ひさしぶりの野球観戦。野球も面白いけど、客席も面白いです(^◎^;)。少々ガラは悪いけど(^◎^;)。いちいちのヤジがね。敵味方関係なくヤジる。ピッチャーがフォアボールなんか出したら、「おらあー、あんどぉーーっ!」となるし。くさい球をバッターが見逃して、それが「ボール!」と判定されようものなら、「おらぁーっ、審判っ!なに見とンのじゃあ!」となるわけです。いやはや(^◎^;)。

試合のほうは2点差を追いついて、勝ち越しにはならず延長戦へ。ひやあ。こんなに長い試合になるとはおもわなんだよ。その間、ずっと応援し続けるのは、いやあ体力がいりますなあ。おじさん、おばさんは延長になってから、声を張り上げる気力がなくなってたよ(^◎^;)。もう「どっちが勝ってもエエから、ハヨ終わってクレ・・・」という気にまでなってしまってね(^◎^;)。中日ファンは最後まで応援してたな。えらいナア。

延長12回。お気に入りの江草くんが0点に押さえてくれて。これで阪神の負けはなくなったがな。ひやあ。とにかくこれで終わりや。

12回裏。先頭の代打浅井くんがアウトになって。しかし赤星がしぶとくヒットで出塁。続くバッターは鳥谷くん。ここでぶたこが
「もう、サヨナラホームランとか、打ってくれたら終わるのになあ!」
「(^◎^;)。あのなあ・・・ここまで2本しか打ってへんねんで。それも今日やっと打ったとこや。1試合に2本も打てるかいなぁ。ここは次の打者に期待ヤナ」
と、エラそうに解説してやったんですが・・・

カキーン!

へっ?一瞬何が起こったのか分かりませんでしたわ。レフトスタンドから歓喜の声。それが球場全体に広がって。いや、もう、びつくりしましたがな(^◎^;)。なにがって、またまたぶたこの予言どおりにことがすすんで!
鳥谷エライ!というより、わしにとっては、ぶたこおそるべし!と言いたい!

おかげさんで、前日より5000人ぐらい観客が増えたらしいですね。みんな、応援に行くべし。

by tacobu | 2005-06-24 13:02 | スポーツ
2005年 06月 22日

阪神4-3中日

交流戦も終わり、いよいよペナントレース再開。とはいえ・・・。相手は中日やしナア。先発はドームが苦手な井川やしナア・・・。赤星は病み上がりやしナア・・・。などと思いつつ、家に帰ったら。

やっぱり0-2で負けてるがな(^◎^;)。もう、このままかいなあ。まあ、2ゲーム差やから、1回か2回は負けても大丈夫やろけど。

なんて思ってたら、逆転したであるよ。金本、今岡がいまひとつでも、矢野、鳥谷がその穴を埋めて。チーム全体が「強い」って思ったね。

押さえに久保田が出てきて。あっさり1点とられて1点差(^◎^;)。どうなることかと思ったけど。最後の投球はしびれたね。ストレート一本で、ほとんどヤケクソ気味にも見えたけど(^◎^;)。でもあれくらいの思いきりのエエ投球してくれたら、打たれても文句はいわへんよ。といいつつ、言うかもしれへんけど(^◎^;)。


交流戦が終わって、お祭り気分が抜けたのか、観客はどこの球場とも少なかったですね。阪神戦でも満員にならへんやなんてなあ。お立ち台で矢野が「球場に来てください!」って言うてたな。やっぱり阪神戦は満員の阪神ファンの前でやってこそかな。

しばらく更新がなかった和田コーチのサイトも再開されたようで(^◎^)\(^o^)/。これで負けてても元気づけられるし(^◎^;)。ともかく、面白くなってくれ、野球。

by tacobu | 2005-06-22 12:47 | スポーツ
2005年 06月 21日

【アルジャーノンに花束を】ダニエル・キイス

知的障碍を持つ32歳の主人公が、手術によって天才になる。頭が良くなったことによって(それも驚異的に)得たもの、失ったもの。そして主人公の運命は。という話。ちょっとSFチックであり、でもテーマはSFではないところがミソ。

世評で「感動しました」とかいうのはほとんど信用しないんですが、読んでみないことにはわからないのも確かなので、読んでみまして。まあだいたい結末は予想どおりなんですけどね。

手術によって常人以上に頭がよくなって、それがどれほどのことなのかという経験がないだけに、周りに戸惑いを与えてしまうんですね。もちろん本人も戸惑ってしまうわけですが。でもそれがこの小説のテーマではないんですね。

人間は頭が良ければそれでいいのか。とか、そういうことをあつかった教育的な話でもなくてね。

哲学的な内容にいきそうで、いかないままにお話は終わってしまうんですな。そこらへんがちょっと残念ではあるんだけど。そこまでいかないことで、ともすれば平板な「頭の良さと人間であることの意味」が前面に出ているような気がするなあ。

物語は主人公の手記の形で進んでいく。稚拙な文章が徐々に高等な文章になっていくというのは、なかなか面白かったな。でも、だからこそ結末の予想がついてしまったのだけれど。

by tacobu | 2005-06-21 12:00 |
2005年 06月 20日

朝からみのもんた

みのもんたを見たかったら、最近は何の苦労も要らない。適当にチャンネルを回せば、どこかであの顔に出くわすことになる。

会いたくなくても、見てしまうくらい、頻繁に画面に登場する。ついに月~土の朝、3時間は必ず出現している(土曜日は2時間だけど)。今朝も、ついチャンネルを変えたら出てはった。「朝ズバッ!」

土曜日の朝、週一でやっていたものが毎日になったのだな。この4月から。で、初めのうちはおとなしめな話題をやっていたらしい。このへんは、やしきたかじんの情報しかないねんけど。できるだけ見ないようにしてたから。

みのもんたといえば生電話。思いっきり生電話ですな。でも朝からあの「奥さん!」というのもなあ・・・という考えがあったんでしょう。はじめに企画されたのは「おめでとう生電話」。「幸せ生電話」やったかな。どっちでもええけど、とにかく身近に起こった「幸せだったこと」を電話してきてください、というもの。それにみのもんたが直接「へえ~、よかったねぇ~~~」というコーナー。さわやかな朝にぴったりではありませんか。当然視聴率はいまひとつ(^◎^;)。

ところが、4月の末に起こったJRの事故以来(やと思うけど)、番組のコンセプトがガラッと変身。朝から「怒りのみのもんた」全開。目尻を釣り上げて怒る怒る。文句たらたら。そして最近は「若貴問題」。貴乃花親方をスタジオに生出演させて、直接説教してたりして。「もういいんじゃないのぉ。しゃべらなくてもぉ」といいながら、その次の日も、そして週がかわった今朝も、やっぱり1時間ぐらいはこの話題やったよ。

やっぱりみのもんたは怒ってるに限る。それも、理論だてた腹の立て方ではなく、「飲み屋でおっさんがくだを巻いている」のが絵になる。朝やからとか昼やからとか、そんなもんは関係ないのである。

でも、どっちにしてもあんまり見たくないねんけどな。

by tacobu | 2005-06-20 17:08 | テレビ
2005年 06月 18日

CGのないウルトラマン

久しぶりに早起きした土曜日の朝。テレビをつけたら、「ウルトラマンネクサス」というのをやっていた。ウルトラマンの最新シリーズ。そういえば、放送開始のころ見たことがあったな。朝早すぎて、全然見てなかったけど。

シチュエーションはいろいろ変わってるけど(変身する人間がみんなに知られているとか)、怪獣が出てきて、ウルトラマンに変身して、必殺の光線でやっつけるというのは、40年近く前に見ていたウルトラマンとほとんど変わっていない。

さらに、怪獣は相変わらずの着ぐるみやし(重たそう)、怪獣が突然出現して、逃げ惑う市民(^◎^;)も昔の怪獣映画のまま。

放送開始のころに見たときは、怪獣がCGで、ちょっと違和感を感じたんやけど、そんなものは今日の放送にはなかったな。やっぱりウルトラマンは「着ぐるみ」でないと。

で、なぜか前に見たCGの怪獣よりも、着ぐるみの怪獣の方がなぜかリアル感があるんですね。動きは鈍いし、いかにも「上から吊ってます」っていう動きもあるねんけど、なぜかCGよりもワクワクするんですね。

たぶんCGで作る方が、撮影も簡単だろうし、動きの制約もなくなるからもっといろいろできるんやろけど、「いろいろできない」ことが逆にリアルに思えるねんなあ。これって不思議。

先週テレビで放送してた映画「スピーシーズ」では、最後にエイリアンのCGが出てくるねんけど、一気にしらけた気分になってしまったな。なんか、一気にアニメを見てるような気分になってね。

着ぐるみは日本独特かな。いまだにそれを続けてることに、ちょっと感激したであるよ。がんばってくれ。日本の着ぐるみ。

by tacobu | 2005-06-18 09:13 | テレビ
2005年 06月 16日

クールビズに感じる違和感

なんとなく、始めっから違和感があってんなあ。なんでかよう分からへんかってんけど。
自分がいつもノーネクタイで仕事してるからかなあ、なんて思っててんけど。

テレビで国会中継なんかが(ニュースでしか見ないけど)流れてて、みんなノーネクタイで。ノーネクタイで頑張ってはる。ように見える。ノーネクタイやのに「頑張ってる」っていうのはおかしいよなあ。でもそう見える。今日なんか、結構涼しかってんから、無理せんとスーツでも着たらええのに。そういう融通もきかへんのか。

で、違和感があるっていうのは、そういう「頑張ってるように見える」からでもない。

先日、新聞を読んでてやっと気が付いた。
「クールビズによる経済効果」
細かい数字は忘れた(^◎^;)。どっかの調査機関がはじきだしたんだと。これで新しく夏用の服を買う。そいうサラリーマンが増える。その効果。

え?みんな夏用のスーツをかわへんようになるから、経済効果なんかあるんかいな?
と思たら、いままでの消費はそのままとして計算してんねんて。アホみたいやな。

テレビのワイドショーほか、ニュースまでも、夏のファッションについてあれこれと盛り上げてるように見える。アパレル業界は、ここぞとばかりに新商品の売り込み。うーん。これが経済効果というものなんか。よお分からん。

なんか、妙にお金を動かそうと、そう考えてるように見えるねんな。政府主導で。今の日本は、細かいことがらは政府が決めたらさっさと進むようになってきてるから、なんでもやってまえっていうような雰囲気があるなあ。

で、やっと気が付いた。違和感。それは小池環境大臣が「クールビズです(^_^)」といって、記者会見でパネルを掲げたことから始まってるんや。

あのときの、あのパネルのセンスの良さ。「クールビズ」というネーミング。そのコピーだけでも、どれだけのお金が動いたんやろうか。それを感じてしまったんやな。アパレル業界もまきこんで、なんか大きなお金が動いているような気がしたんやな。で、それを大した批判もせずに盛り上げてるテレビ番組に、居心地の悪さを感じてる。今も、感じてる。

ま、「省エネルック」は、あまりにもダサ過ぎて(^◎^;)やったけど(ネーミングも)。

by tacobu | 2005-06-16 00:20 | テレビ
2005年 06月 13日

Thunderbird(メールソフト)

会社のメール設定が変更になって、送信の際にはパスワードの入力が必須となった。
で、これが今まで使っていたEdmaxだと、うまくいかない(-◎-;)。何度設定をいじってもエラー表示されてしまう。
会社の標準はネットスケープ(付属のメーラー)。でもわし、だいたいFirefoxしか使ってないしなあ。社内ヘルプを検索してもネスケの変更方法とヘルプしか載ってない。「分からんかったらネスケを使え!」ということか。

というわけで、Firefox標準(というのか?)のThunderbirdにメーラーを変更。まあ、使いにくくはないねんけどさ。はじめ、Firefoxをインストールしたときに、一緒にインストールもしてみてんけどね。ともかくファイルサイズがでかいのが気に入らなくて(^◎^;)、Edmaxに舞い戻ったんですよね。
ま、ファイルサイズがでかいといっても、HDD120GB時代となった今ではどおってことのないレベルなんでしょうが。ちなみにただいまのわたくしのパソコンのHD容量は20GB。とほほ。

Thunderbirdやと、パスワードの入寮も楽々。なんの抵抗もなくメール送信完了。何のこっちゃ。何が違うのか、結局はよく分からん。

さて、問題はここからで。
これからThunderbirdをメインのメーラーとして使っていくためには、今までのEdmaxの内容(アドレス帳、今までのメール)を移し替えないと。ひええ。一個ずつ転送するのは問題外。

なんとかEdmaxのエクスポート、Thunderbirdのインポートを駆使して、たまりにたまったメールを転送。詳細は、あまりにめんどくさいので省略します。同じ悩みをもつ人、ThunderbirdのヘルプHPを参照してください。

これで万事解決(^◎^)。と思ったら、今までのメールのうち、添付ファイルは転送されないのね(^◎^;)。ちうことは、しばらくはEdmaxに置いたままにしとかなアカンということか。どんどんHDが圧迫されるやないの。

いや、昔のメールは、もう削除してもかめへんとは思うねんけどな。2001年からたまってた(^◎^;)。貯めすぎや>わし。
ThunderbirdにはEdmaxになかった「○○日前のメールは移動」というのがあって(フィルタですな)。とりあえず、1年以上前のメールは別フォルダに移動。削除すればええってなもんやけど。なんとなく消されへん、わしは小心者(^◎^;)。この秋にはパソコンが新しくなるやろから(希望的観測)、それを機に「古いノートは捨ててしまおう!」っと。

by tacobu | 2005-06-13 17:59 | コンピュータ