人気ブログランキング |

たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 20日

三度目の挑戦

ヴァージニア・ウルフの「ダロウェイ夫人」を借りたのは3回目だった。過去2回、借りたけど読まれへんかった。最後までは。
三度目の正直で、なんとか最後まで読んでんけど。いやあなんというか、読みにくい話であることは確か。これが最高傑作なのか。ううむ。考えてしまうなあ。

クラリッサ・ダロウェイがパーティーを開く、その朝からパーティーまでの一日。その間に起こる出来事。といっても、たいしたことが起こるわけではなく、だいたいは登場人物のモノローグがつづられるのだな。夫、昔の恋人、かつて好意を抱いていた女性、どの人もどの人も、まあなんと脈絡もなくいろんな物思いにふけるものだ。いや、だいたいのひとはちょっとした時間に、自分の過去の出来事思い出したり、「あのときああしていれば」とか考えて、そのあとを想像したり、そういうことを繰り返して時間をつぶしているものかもしれないけれど。
でもそれはよくあることとして、あるいは大した興味もわかないもの、誰にでも起こっては消えていくもので、そういう時間(物思いにふけった時間)を過ごしたことすら忘れてしまっていたりするのだな。
ところが、ヴァージニア・ウルフは、それらすべてをだらだらとした文章で文字にしていったのだ。
おかげでこちらは、本人も気づいているかどうかも分からない話につきあわされることになる。それが興味のある話やったらええけど、どおってこともない話やったら、そらもう退屈な時間を過ごすことになるのだなあ。

退屈な時間を過ごす! これこそこの小説の楽しみ方の一つなのかも。

いや、急に思い立ったことを書いてしまった。
もう一つ大事なこと。この話はダロウェイ夫人がパーティーを開くことと、戦争から帰ってきて精神的にダメージを受けているセプティマスという人物のはなしとか、なぜか並行して書かれているのだ。なんで? この人はダロウェイ夫人の、いったいなんなのだ?
という疑問がずっと解けないまま(二人の接点は、パーティー用の花を買いに行ったクラリッサが公園で休んでいるセプティマスをちょっと見かける、という程度だ)、話は進んでいき(というより、時間が経っていき)、そしてセプティマスは自ら命を絶ち、そのうわさ話をクラリッサはパーティー会場で聞く。
ただそれだけのことなんやけど。なにか不思議なつながりを感じさせるんやなあ。不思議。

実はこの小説を読んでみようと思ったのは、映画の「めぐり逢う時間たち」を見たからなのだ。あの映画の中心になっている話が「ダロウェイ夫人」だった。
そういう先入観が働いてるからやろう。クラリッサ・ダロウェイをついつい作者に(映画のニコール・キッドマンに)重ねて読んでしまっていた。そしてあの映画の不思議な感覚が見事によみがえって(特に終盤になって)、この物語の不思議さを改めて感じたのだ。まるで関係のない人間同士のつながり。分かり合えるようで分かり合えずそれでも分かり合おうとするのだけれど結局はやっぱり違う人間同士でしかしまた共通の感覚を持つことができそうな気がして・・・・・というのがどんどんつながっていくような気がする。

このだらだら感と、人の心の奥底までくみ出そうとする文体を楽しめるようやったら、面白いと思えるのかも。

ああそうそう、「文体」で思い出したけど。この本(角川文庫)は2003年に出版されてるンやけど、訳は1960年だかに訳されたままなのだと。それはちょっとねえ。いかにも「昔の訳」というのが所々に見かけられたよ。初っぱなに「フランス風の窓」なんていうのがあったしなあ。
せっかくやから、新しい訳を出してほしいところなんやけど。やっぱり難しいのか。

by tacobu | 2007-03-20 00:06 |
2007年 03月 18日

新種発見!

フロノブラシタケ
b0023293_23511050.jpg

b0023293_23512216.jpg

b0023293_23513366.jpg

b0023293_23514328.jpg

[栽培方法]
ボディブラシを、手入れせずに約1年間、風呂場のなかに放置しておくと繁殖するようです(^◎^;)

注意:食べれません(たぶん)

by tacobu | 2007-03-18 23:54 | くらし
2007年 03月 14日

久しぶりに書いてます

全然書いてなかったなあ。本の話。読んでる本はいっぱいあるのに。なんでか。本について書くより、新しい本を読みたくなるのだな。それで読んでるうちに時間が経って、ああ本について書く時間がない、とこうなるわけで。
というのは言い訳か。誰に対しての?

誰かに頼まれてるわけでもなく、原稿料をもらっているわけでもなく、それどころか時間だけがとられる状態なのだけれど。
それでもこのページを書こうと思うのは、前にこの本を読んだとき、自分はどんな感想を持ったのか、それがどうも最近どんどん、記憶が怪しくなってきてるのがひとつの理由。
前にどんな本を読んだのかさえ忘れてたりするしな。
つまり自分の備忘録なのだ。それを忘れると「忘」しかなくなるのだねえ。どんどん忘れていく。あららら。

そうこうしているうちにもう月半ば。あっという間やね。
このまま何も書かないまま、月が終わるのかと思ったけど、ちょっとでも時間があったら、やっぱり忘れないように書いとこうと、思い直してこうして書いているのです。

「マチルダは小さな大天才」を読んだのはもう半月以上前ということになる。いやあ、面白かったよ。ロアルド・ダールの話は、どこか皮肉っぽくて、ちょっと「やりすぎ」と思うときもあるねんけど(「大エレベーター」はそんな感じ。ちょっと後味がよろしくない。といって、よくない本というわけじゃないけど)、この「マチルダ」はとっても面白い。

ろくでもない両親の元に生まれたマチルダ。しかしたくさんの本を読むことで生き方を覚えていく。いやいや、それよりなにより、計算も早いし文字も(たくさん本を読んでるからあたりまえだけど)学校の同級生よりよく読める。でもそれを「特別なこと」とは思っていない。
そしてマチルダの通う学校には、横暴を絵に描いたような校長が君臨している。生徒の話には全く耳を貸さない。ともかく厳しくしつけて、犬猫のように従順にさせればいいのだと思ってる。
さて、そんな校長とマチルダ(と他の生徒たちと担任の先生)との戦いが始まって。

あほらしいとか「そんなあほな」(あほばっかりやなあ。語彙の無さよ)という話ではあるんやけど、痛快。マチルダが特殊な能力を持っている、というのがちょっと、もうちょっとひねりがあったらええのにとは思うけど。それは高望みしすぎか。



「ナルニア国物語」の映画は、どうなったんかなあ。「ライオンと魔女」は面白かったよ。わしは「指輪物語」より面白かったけどなあ。わかりやすいってこともあるけど。すぐにでも続編が撮影されるのかと思ってたけど、そんな話はとんと聞こえてけえへん。難しいのかなあ。

「魔術師のおい」は、発表されたのは後のほうやけど、話の内容は一番最初、というちょっとややこしいことになってる。この話は「ナルニア国」がどうやってできたかという話やね。ライオンのアスランがナルニア国を作る。でもそこに人間(アダムの子孫)がいたことから(というのは直接の問題じゃないけれど)、ナルニア国に対する悪も生まれてしまう。

ええと、途中までなんかだらだらと、男の子と女の子の冒険が続いて(冒険がだらだらと続くというのもおかしいけれど)、なんか、どこから「ナルニア国」になるんやろう、と思ってたら、いきなりアスランが現れるのだな。そして「ナルニア国」が作られる。ううむ。
まあ「おお! こうやってできあがったのか!」という感動はそこにはあるンやけどね。それって、映画を見てたからっていうのはあるけど。
つまり、やっぱりこれは「ライオンと魔女」から順に読み進めてきて、ここに来たらもっと感動するんやろなあという気はする。なんぼ一番最初の「ナルニア国」の国造りの話でもね。

しかし、こういうシリーズものの、しかも後半の作品にありがちな、「つじつま合わせ」みたいな場面はなくて、「最高!」とは言えないまでも、面白いファンタジーになってるのは確か。だからシリーズとして親しまれてるんやろうけどね。



というわけで、ようやくちょっと書き始めることができたであるよ。まだまだ本棚にはいっぱい借りてきた本があって、パソコンに向かうのもええけど、本の背表紙を見ると、手にとってページを開きたくなるのだな。
でもまあ、読んだ尻から、でなくてもいいから、やっぱりこうやって書いておくとあとあと役に立つかも。
それに、書きながら思ったけど、書いてるうちに読んだ内容をちょっとずつ思い出して、また楽しい気分になるのだな。そうそう、そういう楽しみ方もあったなあ。忘れてたけど。

by tacobu | 2007-03-14 00:04 |
2007年 03月 12日

阪神2-3巨人

行って来ましたよ。今年初めての甲子園!
なんたってあーた、オープン戦とはいえ巨人戦。なのに客席ががらがらでないの。というのを前日のテレビ中継で見たからには、行かずばなるまい。
さらにさらに、オープン戦とはいえ、ここまで1勝(;◎;)。これはますます、行かずばなるまい!

阪神先発の太陽は、先頭バッターこそ1球でかたづけたものの、その後連打連打でいきなりの2失点。ううむ(-◎-;)。どうも制球が悪い上に(くさいところをつきすぎか)、ここぞの球に威力もないように見える。簡単にバットに当てられるって感じ。よくないなあ。(捕手は清水)
対する打線のほうやけど。こちらもどうもねえ。打つには打つんやが、つながりが無く、巨人を上回る10安打を放ちながら、得点は最終回の相手のエラーによる2点のみ。うううむ(-◎-;)。

最終回までいきなり話が飛んでしまったが。
太陽は1、2回はフォアボールもあり、連打もありで、まったくピリッとしない内容やった(2失点ですんでよかった)が、3回、5回(5回まで投げたのだ!あの調子の悪さで!)は、人が変わったようなピッチング。ううむ。
いろいろ試しているのか、ただのむらっ気なのか。よおわからんままやったなあ。
2番手は藤川。ええ!球児!
ストレートは148キロまで出てたけど、まだまだできあがってはないみたいやな。むしろ130キロ台の球の方がのびがあるように見えた。このへんはやっぱり実際に見てみて感じることやね。
3番手はダーウィン。結構いけてるやん。
4番手は桟原。前からこんな投げ方やったか? 前より横手になったような気がする。球ののびとかがええ感じやな。

とまあ、後のピッチャーがよかっただけに、太陽がなあ。
相手ピッチャーは、先発がパウエル。そのあと前田、豊田、真田。

3-0とリードされたまま、いつの間にか9回の裏まで来てしまって。このまま負けてしまうのか。巨人に連敗か。巨人の応援団がとても盛り上がっている。ううむ(-◎-;)。
しかし9回裏、ワンアウトから赤松がヒットで出て、望みをつなぐ。ここで代打、浜中登場。ええ!浜中っ! 教育リーグに行ってたんちゃうのん! ライトスタンドは一気にヒートアップ。今までたまっていたものをはき出したかのような勢いだっ(^◎^;)
その浜ちゃん、期待に応えてセンターオーバーの二塁打(^◎^)/よしっ!

続く浅井の当たりはピッチャーゴロ。三塁ランナーの赤松が飛び出したのを見て、ピッチャーの真田はサードに送球。これが悪送球となって(^◎^;)、2者が生還、その差1点に(^◎^)/
少々情けない点の取り方やけど(^◎^;)、得点は得点。
逆転サヨナラを思い描くライトスタンド。応援にも一層熱がこもるが、つづく赤星はサードゴロ、最後の望み、関本も三振に倒れゲームセット。あああ。

まあオープン戦やから・・・・といいつつ、やっぱり負けると悔しいものです。個々の選手ではええところもあったけどね。ピッチャーでは藤川、ダーウィンも見られたし、野手もほとんど見られたな(矢野が最後まで出てこなかったのが残念)
まあ、本番はまだもうちょっと先やから、そのときを楽しみにしておこう。うんうん。

ああ、やっぱり野球は楽しいなあ。勝っても負けても(負け惜しみ)

by tacobu | 2007-03-12 00:14 | スポーツ
2007年 03月 10日

洗濯機さま

待ちに待った洗濯機がやってきたのだ。
朝から、洗濯機さんがお通りになる道を確保するのに大わらわだったのだ。会談に積み上げているあんなものやこんなものをどかして。階段の踊り場に置いてあるボックス棚もどかして。定位置のベランダに行くまでの途中のネコのトイレやネコのえさ入れもどかして。

午後、洗濯機さんがやってきて。
まずは古い洗濯機さんを引き取ってもらう。と、ここで問題発生。
洗濯機さんと一緒に乾燥機さんも運んでもらうつもりやった。新しいのは洗濯乾燥機(乾燥機付き洗濯機)なので、乾燥機は不要になる。乾燥機は洗濯機と違って、大型ゴミでださないといけない(洗濯機は引き取ってもらう。リサイクルやから)。
だからまず乾燥機をはずしてもらって運んでもらって、と思ったら
「別料金になります」
なんと! じゃあどうする? とにかく場所を確保するために、乾燥機(とそれを置いてるフレーム)をちょっとどかしてもらって(ベランダのジャマにならなさそうなところに)、あとで自分らでおろしますわ、ということにした。
配送業者さんは、置いたままでもセッティングできますけど、といったけど、どのみち大型ゴミに出さなあかんのやし、そしたらセッティングされたら逆に運び出されへんことになってしまう。
というわけで、ともかかくも乾燥機もどけてもらって。

そして新しい洗濯機さんの参上。業者さん二人で(しかも1人は若い女性)えっちらおっちら3階のベランダまで運んでくれまして。水道やら電源やら排水やらのセッティングをしてくれまして。水漏れの確認もしてくれまして。
「これでいつでも使えます」
やったー!(^◎^)

さっそくたまってる洗濯物を・・・・と思ったら、夕方から雨の予報(-◎-;)
試運転は明日になりそうです。
ともかくも、無事新しい洗濯乾燥機さんがわが家にやってきたということで。


あ、そうそう、その後。
ベランダの端に移動していた古い乾燥機は、何とかぶたこと二人で、1階まで運んでいきまして、玄関の外まで出せました。ふううう。ほんま、大変やったわ。ま、どうせ故障してるものやからっていう気楽さはあったけどね。

by tacobu | 2007-03-10 21:27 | くらし
2007年 03月 10日

のど自慢チャンピオン大会

いやもう、びっくりしましたわ。
グランド・チャンピオンの清水君は、16歳とは思えない歌で、審査員ほぼ一致というのもうなずける。
83歳のおじさんの「まつり」も、もう感動ものやったし。
特別出演の3組(「チャンピオン」「1986年のマリリン」「いいわけ」)もびっくり。
特に、「マリリン」で、女の子が歌っている横でひたすらタンバリンを(まじめな顔つきで)叩き続けていた(女の子の職場の上司らしい)スーツのおじさん(おじさんじゃないかも)が、もう最高!
仕事(銀行の支店長代理)をやめても、食べていけるでぇ!

さらには司会の宮本さんが、ゲストの氷川きよしと前川清を言い間違えて、思わず二人がずっこけたりして(^◎^;)、とてもNHKとは思えない(^◎^;)盛り上がりぶりで。

いやあ、紅白もええけど、のど自慢もええなあ!

by tacobu | 2007-03-10 21:15 | テレビ
2007年 03月 02日

今日の買い物

忘れないうちにここに書いとこう。
とうとう買いました。洗濯機。洗濯乾燥機、というのか。洗濯機と乾燥機が一緒になってるやつ。
ドラム式じゃなくて縦置きのやつ。日立の「白い約束」(^◎^;)というやつです。洗濯容量8kg。うほほほ
来週の水曜日にご到着予定。いまから楽しみ。


ついでに。
連日の「おふくろさん」騒動。たこぶの予想。
森進一主宰の「じゃがいもの会」の、特別ゲストに川内氏が突然登場。ステージ上で森進一を握手を交わし、
「この歌はこれからもずっと、森君の歌です」
と激励。会の最後に、川内氏の前で涙ながらに歌う森進一。
どうでしょう?

by tacobu | 2007-03-02 23:47 | 日記
2007年 03月 01日

ご近所の梅

それだけのことですけど(^◎^;)
b0023293_20171397.jpg

今日から3月です。

by tacobu | 2007-03-01 20:17 | 日記